学費 ローン

サイトマップ

学費のための教育ローン

学費を支払うことが困難な家庭が利用することができるシステムに教育ローンというのがあります。義務教育終了まではそうでもありませんが、日本の高等教育にはかなりの学費がかかります。学費のための教育ローンは、住宅ローンや自動車ローンと同じように、預金取扱金融機関と信販会社(ノンバンク)を中心として取り扱いがされている商品です。学費のための教育ローンを共済や健康保険組合などが直接提供してくれるような形のものもあります。企業の福利厚生の一環として行なわれれるものです。教育ローンは、基本的には証書貸付です。貸付を受けている者の普通預金口座に融資される学費が入金される形をとってはいます。ほとんど支払い先の銀行口座へ直接振込みされる形になっているようです。ローンと一口に言っても、いま国内で取り扱いがされているローンには多くの種類があります。個人の消費生活を見る場合、子供を教育するために必要な金額は他のものに優先されると見なされます。このため、消費財を買うために組むローン(例えば自動車ローン)に比べると、教育ローンは金利が低く抑えられる傾向があります。借入先によって金利は異なってきます。学費を教育ローンで工面しようと考える際には、多くの情報を得てからあったものを選び出すとよいでしょう。

学費の他に教育ローンで借りられるのは

教育ローンにおける学費の定義は何でしょうか。教育機関の募集要項や学費納入書にはさまざまな項目がありますが、そこに記載があるもののみとしている金融機関もあります。一般的には、受験料、教科代、パソコンや電子辞書などの必要物品購入費、などを融資の範囲に加える金融機関が多いようです。その他にも、学校への寄付金であったり、自宅から離れた学校に通うために必要となるアパートや下宿の初期費用、家賃などを学費の一部に認めるローンもあります。通学を目的としたものであっても、自動車やオートバイの購入や普通自動車運転免許取得のための資金は含まれません。自動車ローンの範疇となっています。教育ローンでは学費の範疇として認められていません。銀行系とノンバンク系の金融機関が、教育ローンで学費を貸してくれます。貸金業法の改正により総量規制の見直しが行なわれた結果、信販会社の教育ローンで学費を借りる時にも総量規制がかかるようになっています。他のノンバンクからの無担保融資と合わせて、教育ローンであっても借り入れに上限(最大で年収の三割)が設けられたのです。学校が加盟店契約を結び、授業料を立て替えるショッピングクレジット方式によるものが近年導入されている場合もあります。学校によっては、母体の学校法人が取引銀行と提携した専用の提携教育ローンを取り扱って学費の借入れをする場合もあるようです。

学費のためのローンは減っている

学費の教育ローンによる貸付制度は、銀行やノンバンクなど民間の金融機関が行うものだけではありません。政府などの機関が貸し付けてくれるものもあります。たいていの場合、民間の金融機関の教育ローンと比較すると条件がいいのですが、これが民業圧迫であるということで、現在は行革によって縮小方向に向かっているようです。その中でもまだ取り扱いがあり、学費の貸し付けを行なっている政府系教育ローンについて見てみましょう。旧国民生活金融公庫である日本政策金融公庫の教育ローンで学費の貸付を受ける際には、別生計の連帯保証人か、公益財団法人教育資金融資保証基金による信用保証の委託が必ず必要になります。新票保障の委託には、審査と保証料が必要になります。国の教育ローンと呼ばれている一般教育融資は、全国の民間金融機関が代理店として窓口になっています。公庫のオフィシャルサイトからも受付けています。この制度には、学生1人につき300万円までという学費の融資額の制限があります。年収が多い人は利用できないという制限があり、返済期間は15年以内です。かつては他にも教育積立貯金融資や年金教育融資などがありましたが、現在は募集を中止しているため学費の融資を受けることはできません。学費のためのローンを利用する際は、しっかり情報収集して利用目的に合ったローンを選択していただきたいものです。

「学費のためのローン」について

学費のためのローンについて

Copyright © 学費のためのローン. All rights reserved